フードテック フードビジネス 循環経済 代替たんぱく質

藻類のマヨネーズを作り出した仏のALGAMAとは

Photo Credit: Algama

近年、ビーガンやベジタリアンだけでなく、健康やダイエットを気にするフレキシタリアン(時々ベジタリアン食を食べる人)も増え、代替タンパク質で作られた料理や調味料が人気を博しています。

人気の背景には健康面や環境面、倫理面があると言えるかもしれません。ちなみに植物中心の食生活をしている人は心臓疾患のリスクが42%低く、ガンになった人の30%は肉類を含んだ食生活が原因という研究もあるそうです。

また、世界で排出される温室効果ガスの18%-51%は家畜の生育からもたらされ、放牧などのケースでは頭数の割に広いエリアが必要です。ニューヨークタイムズによれば、鶏だけで年間650億羽が消費されていると言います。現在、地球全体で600億から700億もの家畜が毎年消費されているそう。

このような問題への意識が強いフランスでは、既に10年前には代替タンパク質の製品は人気に火がついていました。今回紹介するのは、7年前から藻類をメインに製品開発を進める仏のスタートアップです。

Photo Credit: Algama

2013年、スタートアップAlgamaは創設されました。翌年の2014年に「海洋の青い金」と称されるスピルリナ由来のサプリメントドリンクを発売。世界最大級の食品見本市SIAL 2014では「イノベーティブなノンアルコール飲料」部門を含む、2つの賞を獲得するほどの評価を受けたといいます。

しかし発売から二年間に渡り、テイストや製品の栄養成分の安定性にかけてしまい、マーケットから商品を撤退させたとのこと。藻類の栄養成分が一つ一つのボトルに均等に入れられない壁があるそうです。

2年ほど苦心した結果、マーケットから商品を撤退させたAlgamaは主力製品を失った状態とはいえ、実は子会社を設立していました。

子会社の名前はThe Good Spoonといい、2017年にはニューヨークとパリでヴィーガン向けのマヨネーズをローンチ。このマヨネーズが次の主力製品となっている様子です。

原材料にはタンパク質などが豊富なスピルリナやクロレラといった微細藻類を使用しており、卵の代わりとしています。つまり、このマヨネーズは卵の代わりに藻類を使用。一般的なマヨネーズに必要な脂質やカロリーを補っているが、コレステロールがゼロで、保存料を使わず、遺伝子組み換えではない(non-GMO)というまさにヴィーガン向けのマヨネーズでした。

Photo Credit: Algama

12個の卵を消費者が食べるまでにかかるカーボンフットプリントは2.7㎏。また、卵1パックのために2,407L(636ガロン)もの水を使用して世の中に生み出されます。代替タンパク質の環境への影響力が窺いしれます。

卵の黄身に多く含まれる脂質を削減できることから、ヴィーガン向けマヨネーズに含まれる脂質は最大で60%もカットされているそうです。

Photo Credit: The Good Spoon

現在、リリース中のフレーバーは4種。左からオリジナル、ハーブ味、カレー味、スパイシー味です。辛いものをマヨネーズでまろやかにすることは聞いたことありますが、マヨネーズ自体が辛いという右端のフレーバーは気になるところです。日本で言うところの、からしマヨネーズといった発想かもしれません。

Springwave(先程のドリンク)の建て直しを行いつつ、The Good Spoonの創設・運営をする傍ら、ドリンク、乳製品、ベーカリー製品などの開発を続けてきたといいます。2018年9月時点で、実に200ものプロトタイプを開発済み。その気になれば、パートナーを通していつでも市場に投入できるとのこと。

Photo Credit: The Good Spoon

2019年9月に行われた資金調達では、ルーホライゾンベンチャーズ、ホライゾンズベンチャーズ、CPTキャピタル、ベジンベスト、ビヨンドインパクト、アルウィンキャピタル、 BPI Franceによって310万ユーロ(約4.1億円)もの支援を受けています。

この資金のおかげか、海洋学博士のJean-Paul Cadoret氏がR&D部門(R&D:研究開発)の責任者として就任しました。彼は海洋および分子生物学者であり、藻類の専門家です。2008年には、バイオテクノロジーの新興企業であるAlgenicsを共同設立した経験を持っています。

もともとAlgamaのCEOは、味や色などのR&Dへ集中する必要があると述べていたので、専門家が加わったことで、願い通り競争優位性を強くすることができそうです。Jean-Paul Cadoret氏の貢献次第では、Springwave(ドリンク)成分の安定性を実現するだけでなく、マーケットへの復活も期待できます。

藻類ベースの食品成分を供給するフードテックの新興企業Algamaの今後に注目です。

参照記事

仏Algama社が開発する微細藻類由来のサプリ

Algama Foods seeks partner for relaunch of spirulina drink

7 fastest-growing food tech startups in France you need to know about in 2020

Ingrédients : Jean-Paul Cadoret rejoint la start-up foodtech Algama qui a levé 3,1 M€